菜伽のコスプレブログ!

Nacha's Cosplay Blog !

ニコンF

エフはエフでも、「マクロスF」じゃなくてニコンFです :-p

普段はニコンの新しいデジタル一眼レフを使ってはいるんですが、そのご先祖様の「F」も好きです。ソリッド感というか、ライカとはまた違うメカっぽさというか。ちょっと独特のデザインですけど、この佇まいが好きなんです。不思議と癖になるアンバランスさのせいかなぁ?
そんなわけで伝説の名機、中古の1961年製「Nikon F」を手に入れました!割と初期の方のモデルです。

720_Nikon_F_2機目_DSC5694
写真はS・C Auto 50mm f1.4を着けてます。

こちらも先日ブログで書いた「ライカIIIf」と同じく、露出計さえ付いてない全手動カメラなんですが、今のデジタル一眼レフでも使われているレンズ取り付け規格である「Fマウント」はこのカメラから始まったんですよね。 外見がコレなのに、レンズを外すと見慣れたFマウントがあるのがなんか不思議です(本当は逆なんですが)。
余談ですけど、絞りやミラーが自動で戻ったりするので、これでも当時は「全自動」を名乗っていたようです。今の全自動とは随分とイメージが違いますよね~(^w^;
ライカは中古とはいえ(ちょこっと)プレミア価格が付いてますけど、国産カメラはほんと安いです、お買い得です。

使ってみて思ったのは、伝説となるに相応しいFのタフさと信頼性です。結構ヤレてきてる固体なんですけど、それなりに動きますし機構上の要所はしっかりしてます。シャッターも切れたからにはちゃんと動いてるという手応えが伝わってきますので、新品時の信頼感にはやはり並外れたものがあったんでしょうね。

そして、操作系が使いやすい、分かりやすいというのもいいと思います。見た目は無骨なんですけど、設定状態の確認とか操作とかがストレス無く出来ます。こういうところは、当時きっと未来を先取りしていたんでしょうね。露出計か代わりのデジカメを持ってでかければ、問題なく実用カメラとして使えます。そして、新しいカメラにはない「機械っぽい」感触や音のオマケ付き。

20140511_IMG_1805.jpg

このFにNIKKOR-H Auto 28mm F3.5を着けてスナップを撮りに行ってみました。このレンズも相当使い込まれて疲れが出てる筈なんですが…。撮ってみたら思いの外、カリッとシャープな持ち味を発揮してびっくりしました、コントラストも良く出てるのにツブレも少ないですし。フイルム撮りならば、こちらもまだまだ現役ですね!

FH000005.jpg
五月晴れの日だったので、青空を入れて海を撮ってみました。

FH000017.jpg
カラー写真なので「イロモノ」を撮りたくなりますw 総合文化センターエントランス

FH000020.jpg
モノトーンのオブジェでわかる、ニッコールのキレの良さ!

FH000026.jpg
菜伽の「まど☆マギ」コスプレ写真でおなじみの、あの彫刻です。

640_FH000031.jpg
28mmと広角なのに歪みも少なく、この写りっぷりに驚きです!
ここの右手ガラス窓の内側で、「まど☆マギあわせの写真を撮りました。

640_FH000035.jpg
逆光に葉の色をちょっと透かして、午後の太陽の光を捉えてみました。こういう微妙な光線も、(露出値を弾き出せれば)ちゃんと狙える確かな操作感が素敵だと思います。

メカニカルカメラって「撮ったどー!」という実感が楽しいですね、ちょっと重めの機械っぽいシャッター音もムードを盛り上げてくれます。一眼レフで育った世代としては懐かしさやレトロさの中に、レンジファインダーとはまた違う「ホーム」って感じの身近さがある気がします。

使い勝手とか性能とか文句なしで、しかもレトロな写り味なので、このカメラでもコスプレ写真撮ってみたいです。また楽しみが増えました。

(*´ω`)でわでわ


関連記事

« レポート・自宅スタジオはじめました|Top|徳島の「マチ★アソビ Vol.12」に行ってみました »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nachacos.blog.fc2.com/tb.php/246-ff067c75

Top

HOME

いろいろなキーワードや文字で
記事をピックアップできます

フォロー歓迎

nachacos

Author:nachacos
菜伽(なか)です。気の向くままに、コスプレ…というか「魔仮装」の中の人やってます。抜群のコレジャナイ感に溢れていますが気にしない!撮るのも好き、コスプレも好き。そんなわけで、自宅に撮影スタジオ作っちゃいました☆
気分屋で猫ダッシュの行動力ですニャー(すぐ息が切れる)。

お気軽にどうぞです

名前:
メール:
件名:
本文:

スタジオ・スピンオフ Soin OFF