菜伽のコスプレブログ!

Nacha's Cosplay Blog !

自撮りする時のカメラ設定を考えてみる

やっとD800の各種機能の把握が出来てきました…たぶん。
このクラスのカメラになると結構カスタマイズが効くので、使いながら最適な設定を探るという部分も多いかもしれません。

撮ってみると、画素数が増えた分なりに、手振れに対してシビアですね。まず最初にそれを感じました。撮ったものをピクセル等倍(100%表示)で見るとアラが目立ちます。といっても、従来機種程度の50%表示ならば分からない程度なんですが。そこまで追い込まなければ、実用上は手持ちスナップも問題ないと思います。手振れ補正があると便利かも。
自撮りでは三脚固定になりますので、むしろ撮られる側が動いちゃう「被写体ブレ」対策の方が重要かもしれません。

シャープさの要る風景写真の場合は「レンズ焦点距離*2(たとえば35mmなら1/70s)」が推奨されているようですが、ポトレやスナップならば、従来通り焦点距離の数字程度のシャッタースピードが出れば問題ないと思います。



コス自撮りの撮影設定について
今後の自撮りスタート地点になる設定を考えてみました、露出設定などを除いて大幅に変わることはないと思いますけど、こうした方が便利という機能の使いこなしの発見もあるかも?(あると楽しい)

色空間:Adobe RGB
Adobe RGBの色空間は、最終的な書き出し形式のJPEGよりも広い諧調を網羅しているので加工向きです(加工もAdobe RGB環境で行うのがベター)。編集後は、おいしいトーンに整えた画像をsRGB形式のJPEGで書き出します。諧調が少ないと極端な場合、白飛び黒潰れが発生しやすくなったり、ガクガクと荒いグラデーションになったりします。鮮やかな衣装の色あいや、なめらかな肌のトーンを重視するときには特に有効です。
撮影時はヒストグラムが天井を叩かない、ちょっと眠いぐらいの写りが調度良いようです。

アドビRGB_DSC1933

ファイル形式:RAW (+.jpg)
「ロスレス圧縮(可逆圧縮)」のRAW画像は、無圧縮の3/5ぐらいの容量に収まります(1コマ45MBぐらい)。RAW形式を使うことによりホワイトバランスの後調整が可能で、撮影時の作業が簡単になります。編集や加工の耐性も最大の形式ですが、「Capture NX2」や「Photoshop Lightroom 5」などのツールでは現像パラメータ指定の段階から非破壊編集さえも可能です。やり直し自由度も最強ということです。かなり画像容量が大きいので、編集で使うPCは中級クラス以上のスペックのもの(64bit環境、メモリ12GB程度を推奨)が良いと思います。Nikon特化でしたら現像処理が最強のCapture NX2と、レタッチの仕上げとJPEG書き出しにPhotoshop CS(もしくはLightroom)等を併用すると相互補完が出来て良いかも。

Capture-NX-2画面

ファインダーモード:ライブビュー
そのままですと、ボディ背面のモニター映像が確認できませんので、HDMIケーブルでPCディスプレイやテレビにつないで表示させます。大画面が使えるのでむしろこの方が撮りやすいかも。左右位置反転機能がないのがマイナスポイントですね、逆鏡あわせで動いたり構図を作るのは慣れが要るかも。

AFモード:オートエリアAF
オートエリアAFならば、顔認識して追尾してくれます。浅い被写界深度でも外す心配はありません。これでも間に合わない、激浅の深度を狙う時には、置きピンで拡大表示したライブビューのモニターを見ながら被写体側が動いて調整する方が楽だと思います。ピーク表示のあるモニターだとさらに楽です。

480_ライブビュー画面見本IMG_0024

ISO感度:~800~1600
低ければ低いほど良いですが、最大の目安としてはISO 1600ぐらいが良いかも。webなどPCやスマホなどディスプレイ画面表示限定ならばISO 3200 ぐらいまで余裕の画質です。ノイズ低減はHIGHが適しています。または現像ツールでのノイズリダクションにて対応すると肌やトーンがなめらかに表現出来ます。一般的なスタジオ環境ならば、800~1600程度でしょう。

撮影モード:A絞り優先AE
コス撮りで多い絞り解放(最小)~f4程度で設定。硬調・シャープに絞り込んだ写真ならばf5.6~f8など、主題とボケを決められる絞り優先AEが撮りやすいです。
シャッター速度については、静止ポーズなら1/80秒程度出れば大丈夫。ビシッと静止したポーズを頑張れる方は、もっと遅くても大丈夫かもしれません。より速いシャッター速度がいる時には、照明を明るくして対応。この辺りの表現テクニックは、通常撮影と同じです。

レリーズモード:セルフタイマー(当然!)
電波式リモコンの「WR-10」を使用して、10秒セルフタイマーで2秒間隔ぐらいの2連ショットがいいかもしれません。「1ショット目、ちょっとマズった」という時のためのリカバリーという感じです。
モニターを見ながらポーズを変えたり衣装やウイッグを修正しながら、いい瞬間を狙って撮って行けるのでお勧めのモードです。

この電波式リモコンのWR-10を使うと、リモコン位置の制限がなくて便利です!
カメラの陰になる側に置いてピッと押す、服の袖元に入れておいて上から押す、などの使い方が出来ます。リモコン操作でも本体のレリーズモードダイヤルは有効ですので、セルフタイマーもそのまま使えます。ちなみにリモコンソフトの「Camera Control Pro 2」では、セルフタイマー併用の撮影は出来ません。

セルフタイマー_DSC1929

リモコン_DSC1932

D800


こんな感じで考えてみましたが、近いうちに実際に撮って試してみたいと思います。

(*´ω`)ノ


関連記事

« 比較すると意外にも|Top|検索キーワード »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nachacos.blog.fc2.com/tb.php/216-73d65394

Top

HOME

いろいろなキーワードや文字で
記事をピックアップできます

フォロー歓迎

nachacos

Author:nachacos
菜伽(なか)です。気の向くままに、コスプレ…というか「魔仮装」の中の人やってます。抜群のコレジャナイ感に溢れていますが気にしない!撮るのも好き、コスプレも好き。そんなわけで、自宅に撮影スタジオ作っちゃいました☆
気分屋で猫ダッシュの行動力ですニャー(すぐ息が切れる)。

お気軽にどうぞです

名前:
メール:
件名:
本文:

スタジオ・スピンオフ Soin OFF