菜伽のコスプレブログ!

Nacha's Cosplay Blog !

ラ・セーヌの星

この秋、「ラ・セーヌの星」がキテる菜伽です!!!
もうね、コス欲も全開って感じでw

ブログの関連記事

たぶんほとんどのかたはご存知ないと思いますけど、1975年に最初の放映があったテレビアニメです。

いまの基準で見ると、クオリティ的には当時なりのところもありますが…、それを補正するといろいろと見所も多いアニメなので、機会があったら見てね♪DVDもレンタルされてます。

ラ・セーヌの星 - Wikipedia



なんでも「ベルサイユのばら」企画の代打としてあげられたものだそうで、その数年後本家の「ベルばら」もアニメ化されますが、こちら「ラ・セーヌの星」は活劇(剣劇)が中心になってます。個人的にレイピアとか片手剣が好きな菜伽としては、これも嬉しい!w

製作は後のサンライズとなる、創映社。いろいろと革命フランスについて調べられたようで、サンライズ初期の作品では、ところどころにフランスっぽい単語や設定が出てきたりするのも、本作を見た後では面白いです。

単純明快でプリミティブな楽しさにあふれてますので、かつての「名作劇場」にハマったかたにはぜひお勧めです。シモーヌも素朴なかわいさがあるんですよね、萌えとかそういうもの以前の、ストレートなかわいさにドキッとします。不思議な「生っぽさ(≠なまめかしさ)」というか、あざとさとか流行りもの感のない純度の高さというか。そうそう、アニメのおにゃのこの魅力ってこれなんですよね!理想的すぎるとか言われるところもありますけど、絵に描いたフィクションだからイイじゃないか!!

20131121ラセーヌ_1

20131121ラセーヌ_2


画的にはコマ割りも少なくてセルも小さいので(テレビ向けの低予算)、ぱっと見た目は残念ながらショボいところもあるんですが…。DVDをコマ送りしてみると、原画段階の作画は結構かっこいい、そしてかわいいのに驚きます。止めて見られる時代になったからこその再発見かも?!

20131121ラセーヌ_3

20131121ラセーヌ_4

お話の方も前半の活劇の楽しさ、そして後半のドラマの緊迫感や感動(さすがは後年「ガンダム」を監督する富野氏)に引き込まれるんじゃないかと思います。 くれぐれも、「時代補正」必須ですがw

成功するかは分からないですけど、今の技術でリメイクしたらかなり見応えのある作品になりそうな気がします。製作された時代を背景にした、絶妙なバランスの持ち味の再現は難しいでしょうけれど。スポ根時代から、SFやロマンスへの移行期という感じで、レトロな空気も味わえる作品です。


設定資料の絵を見ると、シモーヌ(ラ・セーヌの星)ちびっこだ!w
キャラ表の対比図だとこんな感じw

20130925_1_ラ・セーヌの星・人物対比図


画面では存在感を示すためか大きく描かれてますけど…、昔のアニメは特にそういうところありましたよねw

PDVD_007.jpg

小柄なのを活かした描写とかもあったら、さらに萌え要素になったかも?!

20130925_2.jpg

今の基準で見ても、これは全然アリですね。かわいいし、絵柄にあまり古さを感じないなぁ。杉野昭夫氏やっぱ凄いわぁ。そして、花屋の私服シモーヌもコスしたい!というか、こういう時代装好きです。

(*´ω`)ノ それでは!

漫画「ラ・セーヌの星 愛蔵版 全2巻」が復刊ドットコムより刊行!
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68321886

ながらく幻だった作品を手に入れるチャンス!


関連記事

« イメージ三様|Top|作品についても語ろうか »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nachacos.blog.fc2.com/tb.php/129-64aaacc4

Top

HOME

いろいろなキーワードや文字で
記事をピックアップできます

フォロー歓迎

nachacos

Author:nachacos
菜伽(なか)です。気の向くままに、コスプレ…というか「魔仮装」の中の人やってます。抜群のコレジャナイ感に溢れていますが気にしない!撮るのも好き、コスプレも好き。そんなわけで、自宅に撮影スタジオ作っちゃいました☆
気分屋で猫ダッシュの行動力ですニャー(すぐ息が切れる)。

お気軽にどうぞです

名前:
メール:
件名:
本文:

スタジオ・スピンオフ Soin OFF