菜伽のコスプレブログ!

Nacha's Cosplay Blog !

ソフト重要

ひよっとして、カメラよりソフトウェア好き?!の菜伽ですw
コスネタの最初の一回目は、写真の作業で使ってるソフトについて書いてみます。

 
「撮って出し」以外では不可欠な画像編集(現像)ソフトウェアですが、菜伽の場合撮影データはすべてこの行程のためにあります。いろいろ準備をしたり考えたり、やりなおしたりといった「コスプレする諸々の行為」ですね。
…という写真編集・加工最適化撮影なので、カメラはAdobeRGBでRAW撮りが基本です(依頼したカメラマンさんからもRAW渡ししてもらってます)。最終的にはsRGBのJpeg画像になりますけど、スタート地点が違うとグラデーションの深みとかアウトプットが歴然と違うんですよね。

20131130_6

つまりこんな具合に、白枠で示されている広い空間で撮って置いたものを切り出していることになるので、内側の黒枠が多少動いても色が頭打ちになりにくいわけなんです。


閑話休題。

いや~、じっさいコス写真をアップするまでの作業のうち、半分近くは写真をいじってるポストプロセス作業なんじゃないかという気がしないでもないですw

最近になって、プロカメラマンにも評価されているので、「Lightroom」もゲットしてみました。乗り換え特典版なので¥8600ぐらいです、これは安い!

20131130_1

で、ヘルプに目を通す前にズザーっと使ってみた感じですが、実質使うのは「ライブラリ(ファイル管理)」と「現像」ぐらいですね。いろいろweb公開機能とかも多いですけど使わないですし。

20131130_2

使った感じとしては、かなり自動化されたPhotoshopという感じ。「スポット修正」がかなり賢い判断をしてくれて、ほほ~!と感心しました。
ソフトまかせでも結構綺麗に仕上がるので、ビギナーや、手早くレタッチしたい需要には良いのではないでしょうか?64bit版への対応も良くてサクサク動いてくれます。
現像パラメーターの小技は、カメラメーカー製には及びませんけど。それなりに過不足無く仕事は出来るようです。

もちろんPhotoshopだともっと高度なことも出来るんですが、職人技とか知識も要りますし…なにより面倒くさい!素の状態だと殆ど自動化されてないですから。
デッサン力さえも要求されるほどのレタッチでなければ、Lightroomでもばっちりだと思います。

そんな菜伽が実戦で使っているのは、PhotoshopとCapture NX 2なんですが。

20131130_3

神の速さの64bit版Photoshop!

20131130_4

Nikonカメラ現像では最強のツール Capture NX 2!

Capture NX 2の売りである、「コントロールポイント」に近い機能と「非破壊編集」もLightroomには盛り込まれていて、ここは良いと思いました!

ちなみに編集対象はファイルパスで認識されているようなので、丸ごと入れ替えると、そっくり別のファイルに編集履歴が適用されますw


肉眼は性能高いですし、脳で強力な補正が入ってますので、それと比べるとカメラが撮れる色や明暗の範囲はほんの僅かです。だからこそ、どこに中心ポイントを置くかが大切!

20131130_5 

肉眼に対してどの範囲が撮れているか、またRAWやJpegがどの範囲を切り取っているか。カメラ設定のみならず、写真やファイルフォーマットの特性を理解して、それを使い込むのって面白いですよね。

スチームパンク

ちょっとオリジナルのコスで、「スチームパンクもの」をやってみたいなぁ~。
と思い立って、いろいろ考えてみてます。
好きなんですけど、なかなか機会が無くて…。
でも、コスプレ経験も積んで来た今なら出来るかもしれない!

コス友達と一緒に「あわせをやりたいよね~!」という話も出ていて、
ヤル気アップです!!(`・ω・´)シャキーン

20131127_2_1_IMG_9132.jpg


スチームパンクについてご存じないかたは、
下記のリンク先をざっと見て雰囲気を察してくださいw

スチームパンク - Wikipedia
スチームパンク画像 - Google 検索
日刊スチームパンク
スチームパンク大百科S

おまけ
Burning Man

大雑把にいって、ヴィクトリアン辺りの蒸機動力時代っぽい昔風の架空世界を、ちょいSF仕立てにした感じの世界観の総称です。 はっきりいって何でもありです。そこが面白いという。アニメでいうと「天空の城ラピュタ」とか「ふしぎの海のナディア」とか、ああいう感じかな?

とはいえ、ゼロからいろいろ考えて造るのは大変だぁ!作成出来る範囲っていうのもありますし、どんな風にしようか迷ってます~。
先ずは身近なものを眺めて、空想を広げてみようかな?

20131127_2_2_IMG_7244.jpg

自動車のマニュアルトランスミッションのシンクロコーン。
これなんかは、単体でもめちゃスチームパンクしてる形状だなぁ。どこかに使いたいけど、値段が高いのがネック。でも雰囲気は取り込みたい。

20131127_2_3_IMG_9136.jpg

お気に入りの時計。この金属感とか歯車とか、これもスチームパンクな世界の延長かな。こういう曲線も取り入れた小道具なんかイイかも!

20131127_2_4_IMG_9140.jpg

スチームパンクなキセル。…じゃなくて、ただのキセルですけどw
こういう真鍮色と木目という取り合わせもアリですね、あとは皮革も多用されてリベット打ちされてるのなんかで定番スタイルですけど、木綿とかリンネルも採り入れてみたいですねぇ。ガラスなんかも結構ポイントに鳴る感じですが、プラスチックは徹底的に排除されてるのも特徴かも。

しかし、菜伽は「鉄」も好きなので、昔の機械っぽい鋳物とか磨き出された鋼みたいな感じの、鉄の色をしたアイテムも盛り込みたいなぁ。

な~んて、とりとめなく考えているので、何を作るかまとまりませんwww
実現するかどうかは、乞うご期待?!かも。


HappyBirthday to YUI

いつもお世話になっております。
11月27日は平沢唯さんの(設定上の)誕生日です。
お誕生日おめでとう~!

平沢唯/制服・冬(けいおん!)
「ゆいちゃんには、これをあげよう!」←拒否確定

#平沢唯生誕祭

イメージ三様

やってる本人、撮った写真、それを見た人、
イメージってそれぞれですよね~!

なんか楽しかったので、ここに載せちゃいます。

nachacos_photo.jpg
もとの写真

nacha_nacha.jpg
菜伽の脳内イメージ

nacha_mimura.jpg
友達のMさん画

さて、あなたのお好みは?w

ラ・セーヌの星

この秋、「ラ・セーヌの星」がキテる菜伽です!!!
もうね、コス欲も全開って感じでw

ブログの関連記事

たぶんほとんどのかたはご存知ないと思いますけど、1975年に最初の放映があったテレビアニメです。

いまの基準で見ると、クオリティ的には当時なりのところもありますが…、それを補正するといろいろと見所も多いアニメなので、機会があったら見てね♪DVDもレンタルされてます。

ラ・セーヌの星 - Wikipedia



なんでも「ベルサイユのばら」企画の代打としてあげられたものだそうで、その数年後本家の「ベルばら」もアニメ化されますが、こちら「ラ・セーヌの星」は活劇(剣劇)が中心になってます。個人的にレイピアとか片手剣が好きな菜伽としては、これも嬉しい!w

製作は後のサンライズとなる、創映社。いろいろと革命フランスについて調べられたようで、サンライズ初期の作品では、ところどころにフランスっぽい単語や設定が出てきたりするのも、本作を見た後では面白いです。

単純明快でプリミティブな楽しさにあふれてますので、かつての「名作劇場」にハマったかたにはぜひお勧めです。シモーヌも素朴なかわいさがあるんですよね、萌えとかそういうもの以前の、ストレートなかわいさにドキッとします。不思議な「生っぽさ(≠なまめかしさ)」というか、あざとさとか流行りもの感のない純度の高さというか。そうそう、アニメのおにゃのこの魅力ってこれなんですよね!理想的すぎるとか言われるところもありますけど、絵に描いたフィクションだからイイじゃないか!!

20131121ラセーヌ_1

20131121ラセーヌ_2


画的にはコマ割りも少なくてセルも小さいので(テレビ向けの低予算)、ぱっと見た目は残念ながらショボいところもあるんですが…。DVDをコマ送りしてみると、原画段階の作画は結構かっこいい、そしてかわいいのに驚きます。止めて見られる時代になったからこその再発見かも?!

20131121ラセーヌ_3

20131121ラセーヌ_4

お話の方も前半の活劇の楽しさ、そして後半のドラマの緊迫感や感動(さすがは後年「ガンダム」を監督する富野氏)に引き込まれるんじゃないかと思います。 くれぐれも、「時代補正」必須ですがw

成功するかは分からないですけど、今の技術でリメイクしたらかなり見応えのある作品になりそうな気がします。製作された時代を背景にした、絶妙なバランスの持ち味の再現は難しいでしょうけれど。スポ根時代から、SFやロマンスへの移行期という感じで、レトロな空気も味わえる作品です。


設定資料の絵を見ると、シモーヌ(ラ・セーヌの星)ちびっこだ!w
キャラ表の対比図だとこんな感じw

20130925_1_ラ・セーヌの星・人物対比図


画面では存在感を示すためか大きく描かれてますけど…、昔のアニメは特にそういうところありましたよねw

PDVD_007.jpg

小柄なのを活かした描写とかもあったら、さらに萌え要素になったかも?!

20130925_2.jpg

今の基準で見ても、これは全然アリですね。かわいいし、絵柄にあまり古さを感じないなぁ。杉野昭夫氏やっぱ凄いわぁ。そして、花屋の私服シモーヌもコスしたい!というか、こういう時代装好きです。

(*´ω`)ノ それでは!

漫画「ラ・セーヌの星 愛蔵版 全2巻」が復刊ドットコムより刊行!
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68321886

ながらく幻だった作品を手に入れるチャンス!


作品についても語ろうか

「この作品・キャラが好きだ!」ってことで、そのコス写真を載せてるわけですが、それだけだと作品を知ってるかたにしか伝わらないですよね!

とくにマイナーな作品とか、名作でもあまり表だって出てこない古い作品なんかは「こんなところが良いと思って好きなんだよ~!」と、作品紹介なんかもすべきかなぁ?!と思いました。

ネットを探すといろいろ有意義なサイトやページもあるので、感想を交えて書いたり貼ったりしてみようかと思います。

最近は全話DVDなんかもよく出ているので、これを機会に見てもらいたいなぁ~とか思ったりして。菜伽の好きな作品を気に入ってくれる人が増えてくれると嬉しいかも。

今日から新章開始 ~SNSを整理

2010年の末にコスプレ復帰して以来続いてきた流れを大きく変えて、今日から新たな気持ちと体勢で進めて行くことになりました。これまでが「復活の章」だとすると、今日からは「新章」が開始って感じでしょうか?

ブログへの引っ越しがたいぶ軌道に乗ってきたので、今日はコスプレイヤーズアーカイブとコスプレCureの写真かなりの数を削除しました。1/6以下まで枚数減らしました、こんごまた削除するかもしれません。ブログと競合しちゃいますからねぇ。
今の心境はというと、なんか引っかかりが取れたというか、憑いていたものが落ちたようなさわやかさですよ~!


もともとコスプレ系SNSは、「知り合った人と連絡取れたらいいな~!」という程度で始めたんですよね…。
そうなんです、実はもともとコスプレ写真の発表とか通常の連絡は、ブログやツイッターを使うつもだったんです!専門のSNSって敷居が高いというか、近寄りがたいイメージがあって…(今でもそうですけど)。

そういう意味では「新章」というよりも、当初考えていたスタイルをやっと実現できるようになった。と言えるかもしれないですね~!


写真削除の件ですけれど。

枚数*閲覧数が撮影者のランキングにも関係していたみたいで、撮ってくださった方々のランキング下げてしまいました!すみません!!でも、もう二度と無いですので、どうかご容赦を!


こんごは、ランキングとか閲覧数とか気にしないで、のんびり行こうと思います。でも、こんな事やってるよ~というアピールはしたいなぁ。そのための、いい場所や方法を見つけたいです。



ふしぎな関係

コスプレをしていると、専門のイベントとか撮影会、スタジオシェアや、それらのアフターでいろんなかたと知りあったりします。同じようにコスプレをする方々も多いんですが、カメラマンさんとも知己になったりということが多いです。

でも、被写体としてよく撮られている女の子と違って、菜伽の場合は撮ってもらうでもなし(たまーにはありますが)。かといって、コスプレを一緒にする訳でもないので(当然)、「どういう関係」と聞かれるとすご~く微妙な感じがします。コスプレを中心として囲んでいる仲間って感じでしょうかねぇ?

「撮って~!」って無理矢理頼んでみたら、意外と引き受けてもらえる可能性もありますが。でも、こうして自分がババーン!と写った写真をしょっちゅう眺めていると、身の程はよく分かっているので申し訳なくて頼めません(^w^;コスプレに対して向いてる方向というか、やりたい事のベクトルも違いますし。そんなこともあったりとか、打ち合わせとか追い込みが面倒という理由で自撮りやってます。

はたから見ると、ほんとに不思議な関係かも。

Top

HOME

いろいろなキーワードや文字で
記事をピックアップできます

フォロー歓迎

nachacos

Author:nachacos
菜伽(なか)です。気の向くままに、コスプレ…というか「魔仮装」の中の人やってます。抜群のコレジャナイ感に溢れていますが気にしない!撮るのも好き、コスプレも好き。そんなわけで、自宅に撮影スタジオ作っちゃいました☆
気分屋で猫ダッシュの行動力ですニャー(すぐ息が切れる)。

お気軽にどうぞです

名前:
メール:
件名:
本文:

スタジオ・スピンオフ Soin OFF